サイトメニュー

こんな治療法を待っていた

カウンセリング

肩こり治療の新しい選択肢

肩の荷が下りるといった言葉もあるように、日頃から肩を意識することが多い日本の風習から、肩こりは国民病とも呼ばれています。放置しておけば片頭痛や吐き気といった具合に次から次へと症状は広がりますが、その改善にボトックスが活用できることは、まだそれほど知られていません。ボトックスは現在の美容整形において破竹の勢いで人気を伸ばしており、加齢によるシワを取ったり、エラを細くして小顔にしたりするなど、多様な目的で利用されています。何れの場合も施術は注射だけで良く、針を刺す時の痛みや、内出血といった副作用も稀に見られるとはいえ、健康に関わる副作用はほとんどありません。肩こりを治すためにボトックスを打つ際も、大きな副作用はないので安心して利用できます。しかも1回注射すれば3か月は肩こりを抑えられますから、マッサージ店などへ通う回数を減らしたい時にも効果的です。特に仕事が忙しいなど、思うように肩こりのケアができない場合は、ボトックスの利用を検討してみると良いでしょう。血行が鈍ったり、筋肉がこわばって神経などを圧迫し始めたりしますと、肩こりの症状はどんどん酷くなっていきます。そんな状況でも、ボトックスには筋肉の緊張を取る効果があるため、頑固な肩こりも改善できる訳です。肩全体がこっているように感じても、実際は一部の筋肉が引き起こしているケースもあり、ボトックスを用いた肩こりの治療ではその原因筋に注射していきます。こりの発生源は医師が判断してくれますから、ボトックスで肩こりを治療したい時は、美容外科で先ずカウンセリングを受けてください。こりの症状をカウンセリングで詳しく訴えればそれだけ的確に原因を探ってくれるほか、治療に関する副作用なども案内してくれます。また、この肩こり治療は定期的な施術もOKですが、回を重ねる毎に治療効果が落ちるケースと、逆に持続効果が長くなるケースがあるのです。この違いは抗体に由来するのが一般的で、不純物が多い安物を使いますと、副作用として抗体ができやすくなります。抗体ができればその仕組み上ボトックスへの抵抗力が備わってしまうため、薬の効き目が出にくくなるのです。そこで、肩こり治療を繰り返して受ける場合は、上質なボトックスを使うのがポイントになります。

Copyright© 2019 副作用の心配がないボトックス|メイク感覚で受けられるのが人気 All Rights Reserved.